\ 最大10%ポイントアップ! /

バンソンエミレイユとダントンの違いを比較!どっちがおすすめ?ダウンコート

当ページのリンクには広告が含まれているものがあります。

寒い冬におすすめのダウンコート。

バンソンエミレイユ(ヴァンソンエミレイユ)とダントンのダウンコートは暖かく、長く愛用しているかたが多い人気商品です。

バンソンエミレイユとダントン、どちらのダウンコートを購入したらいいか。

違いを知りたいあなたのためにバンソンエミレイユとダントンの違いを分かりやすくまとめました。

バンソンエミレイユとダントンの違いはおもに4つです。

項目バンソンエミレイユダントン
デザインシンプルでベーシックワークウェアらしい
素材表地・裏地
ともにナイロン
表地がコットン
裏地がナイロン
サイズ感スリムフィットゆったりフィット
価格リーズナブルやや高値

どちらも幅広い年齢層に人気なので、一度購入すればながく着用することができますよ。



バンソンエミレイユとダントンのコート、それぞれおすすめのかたは以下の通りです。

  • シンプルでスリムなタイプが欲しいひとはバンソンエミレイユ
  • ゆったりなフィット感がいいひとはダントン


本文で詳しくご紹介していますので、気になる方はチェックしてみてくださいね。


>>ヴァンソンエミレイユの最新アイテムをチェックしてみる【楽天市場】


>>ダントンの最新アイテムをチェックしてみる【楽天市場】
目次

バンソンエミレイユとダントンの違いを比較

画像引用:楽天市場

バンソンエミレイユ(ヴァンソンエミレイユ)とダントンは、どちらもフランスのワークウェアブランドとして人気があります。

ダウンコートも展開しておりそれぞれに特徴があります。

項目バンソンエミレイユダントン
デザインシンプルでベーシックワークウェアらしい
素材表地・裏地ともにナイロン表地がコットン、裏地がナイロン
サイズ感スリムフィットゆったりフィット
価格リーズナブルやや高価

ひとつずつご紹介していきます。

違い① シンプルなデザインはバンソンエミレイユ

画像引用:楽天市場(バンソンエミレイユ)

バンソンエミレイユのダウンコートは、シンプルでベーシックなデザインが特徴です。

無駄のないシルエットなので長く愛用できるデザインになっています。


画像引用:楽天市場(ダントン)

一方、ダントンのダウンコートは、ワークウェアらしいデザインが魅力のダウンです。

胸元のロゴやポケットのデザインなど、ワークウェアらしいディテールが特徴になっています。

違い② 表地・裏地に違いがあるのがダントン

バンソンエミレイユのダウンコートは、表地・裏地ともにナイロンを使用しています。

保温性に優れていて軽量なので着やすいのが特徴。

また、ダントンのダウンコートは、表地がコットン、裏地がナイロンを使用しています。

コットンの風合いとナイロンの機能性を兼ね備えた素材です。


違い③ スリムフィットはバンソンエミレイユ、ゆったりはダントン

  • バンソンエミレイユは、身幅が細めスリムフィット
  • ダントンは身幅が広めゆったりフィット

バンソンエミレイユのダウンコートは、スリムフィットが特徴です。

そのため、すっきりとしたシルエットで、スタイリッシュな着こなしを楽しむことができます。

一方、ダントンのダウンコートは、ゆったりフィットが特徴です。

そのため、厚手のニットやパーカーを着ても、ゆったりと着用することができます。

あくまでも一般的な傾向ですが参考にしてみてくださいね。

違い④ 価格がやや安いのがバンソンエミレイユ

バンソンエミレイユのダウンコートは、ダントンのダウンコートよりもやや安く販売されています。

  • バンソンエミレイユ 25,000円~40,000円弱
  • ダントン      35,000円~50,000円



>>ヴァンソンエミレイユの最新アイテムをチェックしてみる【楽天市場】


>>ダントンの最新アイテムをチェックしてみる【楽天市場】

バンソンエミレイユとダントンの共通点

バンソンエミレイユとダントンの共通点もいくつかあります。

  • ダウンの混合率は、どちらもダウン90%、フェザー10%
  • 保温性、軽量性に優れている
  • ステッチレス製法を採用

ダウンの混合率はどちらもダウン90%、フェザー10%で、保温性と軽量性に優れています。

ステッチレス製法を採用しており、ダウンの抜けを防いで長く着用することができるのが共通点!


バンソンエミレイユもダントンどちらも、暖かさと軽さをあわせたオシャレなダウンコートといえます。

バンソンエミレイユとダントン どっちがおすすめ?

どちらのダウンコートを選ぶべきかは、自分の好みや用途によって異なります。

バンソンエミレイユのダウンコートがおすすめのかた

画像引用:楽天市場
  • シンプルでベーシックなデザインが好み
  • 軽量で保温性に優れたダウンコートが欲しい
  • 細身シルエットが好み


>>楽天市場でヴァンソンエミレイユの最新アイテムをチェックしてみる

ダントンのダウンコートがおすすめのかた

画像引用:楽天市場
  1. ワークウェアらしいデザインが好み
  2. 撥水加工を施したダウンコートが欲しい
  3. ゆったりしたシルエットが好み
>>楽天市場でダントンの最新アイテムをチェックしてみる

バンソンエミレイユとダントンのダウンは寒い?

バンソンエミレイユとダントンのダウンコートはどちらも、保温性がありとても暖かいダウンコートです。

暖かい理由は3つ

  • ダウンの混合率がダウン90%、フェザー10%で、保温性が高い。
  • ステッチレス製法でダウンの抜けを防ぎ、保温性を高めている。
  • 表地・裏地ともにナイロンを使用しており、軽量で動きやすい。

ダウンの量が多いほど、保温性が高くなります。

また、フェザーはダウンよりも軽量でボリュームを出すことができます。

ダウン90%、フェザー10%のダウン混合率は保温性と軽量性のバランスが良い!

またステッチレス製法は、ダウンを縫い目から出さないようにする製法。

ダウンの抜けを防ぐことで保温性を高めだけでなく、デザイン性にも優れています。

以上のことから、バンソンエミレイユとダントンのダウンコートは、寒さから守ってくれるダウンコートといえます。

ダウンコートの寒さは、着用する人の体格や、着用する場所の寒さなどによっても異なります。

また、ダウンコートの保温性は洗濯や使用頻度によっても劣化する可能性はあるのでご注意ください。

バンソンエミレイユとダントンの違いは?まとめ

違いを知りたいあなたのためにバンソンエミレイユとダントンの違いをご紹介しました。

バンソンエミレイユとダントンの違いはおもに3つ。

項目バンソンエミレイユダントン
デザインシンプルでベーシックワークウェアらしい
素材表地・裏地ともにナイロン表地がコットン、裏地がナイロン
価格やや安いやや高価

どちらも幅広い年齢層に人気なので、一度購入すればながく着用することができますよ。

ぜひ購入の参考にしてくださると嬉しいです。

お気に入りの1着があれば、外出するのも楽しくなりますね♪



>>ヴァンソンエミレイユの最新アイテムをチェックしてみる【楽天市場】


>>ダントンの最新アイテムをチェックしてみる【楽天市場】
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次