\ 最大10%ポイントアップ! /

KI-SS50とKI-RS50の1つの違いを比較!どっちがおすすめ?新旧モデルシャープ

当ページのリンクには広告が含まれているものがあります。

KI-SS50とKI-RS50の違いを比較して、わかりやすくまとめました。

KI-SS50とKI-RS50は、シャープから販売されている空気清浄機です。

それぞれの発売は、

  • KI-SS50:2023年9月
  • KI-RS50:2022年9月

KI-SS50は、KI-RS50の新モデルとなります。

機能はまったくおなじで、違いは価格のみ!

KI-SS50、KI-RS50の共通する機能や特長を詳しくご紹介していきますね。

\ 2023年年製!新商品のKI-SS50 /

※記事執筆時、Amazonでの取り扱いはありませんが随時更新されるので、気になる方はチェックしてみてください。

\ 2022年製!機能はおなじKI-RS50 /

目次

KI-SS50とKI-RS50の違いを比較!

引用:シャープ公式サイト(KI-SS50)

KI-RS50は、新商品KI-SS50と機能はおなじですが、低価格で購入することができます!

  • KI-SS50:2色とも 56,000円前後
  • KI-RS50:グレー   32,000円前後
  •     :ホワイト 38,000円前後

KI-SS50よりKI-RS50のほうが、20,000円くらい購入することができるので、かなりお得!

\ 2023年年製!新商品のKI-SS50 /

\ 2022年製!機能はおなじKI-RS50 /

KI-SS50とKI-RS50の共通の機能は?

引用:シャープ公式サイト(KI-SS50)

KI-SS50とKI-RS50の共通の機能は以下の通りです。

  • コンパクト設計
  • 二重構造の加湿フィルターでパワフル加湿
  • Ag⁺イオンカートリッジ
  • 抗菌・防カビ加湿フィルター
  • プラズマクラスター25000搭載
  • スピード循環気流
  • パワフル吸じん運転
  • 3つの高性能フィルター
  • パネルを外さず簡単お手入れ
  • ハンドル付き給水タンク
  • 花粉運転機能
  • 2色のカラー展開

ひとつずつ詳しくご紹介していきますね。

共通点① コンパクト設計

引用:シャープ公式サイト

本体の奥行が23㎝と薄型のコンパクト設計です。

リビングに置いても場所を取りすぎることなく設置することができます。

見ためもすっきりとしているので、インテリアとしても部屋になじみやすいのが〇!

共通点② 二重構造の加湿フィルターでパワフル加湿

引用:シャープ公式サイト

二層構造の加湿フィルターで、風を2回通すことでより多くの水を気化して放出します。

加湿「強」運転時は最大加湿が600mL/hというパワフル加湿です。

共通点③ Ag⁺イオンカートリッジ

引用:シャープ公式サイト

タンクやトレーのぬめりやニオイの原因となる水中の菌を抑制するAg⁺イオンカートリッジを搭載

いつでもキレイな水での加湿が可能です。

Ag⁺イオンカートリッジは、タンクのキャップに簡単に装着することができます。

加湿空気清浄運転で1日当たり2.5Lを使用した場合には、1年に1回の交換が目安!

共通点④ 抗菌・防カビ加湿フィルター

引用:シャープ公式サイト

抗菌・防カビ加湿フィルターは、加湿をしていない時は水がつからない位置で停止してくれる優れモノ!

送風で乾燥されるので清潔に使用することができます。

1ヶ月に1回程度のお手入れが必要ですが、10年間交換不要です。

共通点⑤ プラズマクラスター25000搭載

プラズマクラスター25000を搭載。

  • 浮遊カビの除菌
  • 浮遊ウイルスの作用を抑える
  • 浮遊菌の作用を抑える
  • ダニのふん・死がいの作用を抑える
  • アレル物質(花粉)の作用を抑える
  • 付着カビ菌の増殖を抑える
  • 付着ウイルスの作用を抑える
  • 付着花粉アレル物質の作用を抑える
  • タバコの付着臭の分解や除去
  • 衣類に付着した汗臭をスポット消臭
  • 部屋干し衣類の生乾き臭をスポット消臭
  • 静電気を抑える

などの効果があります。

お肌にツヤを与えてくれる効果も!

プラズマクラスターはプラスとマイナスの両方の静電気を除去することが可能で、花粉や微小な粒子が壁へ付着するのを防ぐことがきます。

共通点⑥ スピード循環気流

引用:シャープ公式サイト

スピード循環気流で部屋全体に風の流れが素早く行き渡り、遠くのホコリも引き寄せることができます。

大きな背面全体の吸込口でのパワフル吸引でお部屋の空気をスピーディーにキレイにします。

共通点⑦ パワフル吸じん運転

引用:シャープ公式サイト

パワフル吸じん運転は、10分間の最大運転で、プラズマクラスターを集中的に放出。

壁などに微小な粒子が付着するのを抑えながら一気に吸じんすることができます。

その後50分間、強めの風量で強力に吸じんします。

共通点⑧ 3つの高性能フィルター

引用:シャープ公式サイト

KI-SS50、KI-RS50ともに3つの高性能フィルターが設置されています!

  • 静電HEPAフィルター
  • ダブル脱臭フィルター
  • ホコリブロックプレフィルター

静電HEPAフィルター

10,000個の微小な粒子を吸い込んで3個しか通さない高性能フィルター

ダブル脱臭フィルター

活性炭に吸着材を加え、タバコ臭、ペット臭、料理臭だけでなく汗臭にも強い

ホコリブロックプレフィルター

目の細かいフィルターで集じん性能の低下を抑える

上記3つのフィルターで、汚れやニオイなど逃さずキャッチしてくれます!

静電HEPAフィルターと脱臭フィルターの交換目安は10年、ホコリブロックプレフィルターは交換不要です。

花粉より小さいPM2.5へも対応しているので、アレルギーをお持ちの方にも安心!

共通点⑨ パネルを外さず簡単お手入れ

引用:シャープ公式サイト

後ろパネルを付けたままプレフィルターについた大きなホコリを掃除機で吸い取ることができちゃいます。

お部屋の掃除のついでにパネルも掃除!

共通点⓾ ハンドル付き給水タンク

引用:シャープ公式サイト

ハンドル付きで持ちやすい給水タンクは、給水時立てることができるので給水やキャップを締めるのも簡単です。

広口キャップなので奥まで手を入れて洗うことができ、お手入れしやすいのが〇!

奥のぬめりもしっかりお掃除できますね♪

共通点⑪ 花粉運転機能

花粉運転機能は、強めの風量自動運転で花粉やホコリを素早くきれいにすることができます。

花粉が気になる時期にも安心ですね。

共通点⑫ 2色のカラー展開

引用:シャープ公式サイト

カラーはホワイトとグレーの2色展開です。

どちらも落ちついた色味で、部屋になじみやすいので、リビングにも置きやすいですよ。

年齢や性別を問わず使用しやすい色なので、送り物としても喜ばれそう♪

出産祝いにもらってスゴク嬉しかったです ^ ^

\ 2色展開!KI-SS50 /

\ 高機能付き!KI-RS50 /

KI-SS50とKI-RS50どっちがおすすめ?

KI-SS50とKI-RS50、どちらがどんなかたにおすすめかまとめていきます ^ ^

KI-SS50がおすすめの人は?

  • 最新モデルを購入したい人

2023年9月に発売されたばかりの新商品!

購入するなら最新モデルが良いという人におすすめです。

\ 2023年年製!新商品のKI-SS50 /

KI-RS50がおすすめの人は?

  • 旧モデルでも気にならない人
  • 購入価格を少しでも抑えたいと考えている人

新商品のKI-SS50と機能やサイズなどは変わらないので、旧モデルでも気にならない人におすすめです。

購入価格がKI-SS50 より安く購入できるので、少しでも価格を抑えて購入したい人はこちらがオススメ!

\ 2022年製!機能はおなじKI-RS50 /

KI-SS50とKI-RS50 ふるさと納税で買える?

KI-SS50は、ふるさと納税で購入することができます!

ふるさと納税の上限額が分からない方は、こちらからシュミレーションできますよ↓

【楽天ふるさと納税で上限金額を確認する】

\ ふるさと納税でお得に購入!KI-SS50 /

\ポイント最大11倍!/
楽天市場

KI-SS50とKI-RS50の違いを比較!まとめ

引用:シャープ公式サイト

KI-SS50とKI-RS50の違いは、型番と価格のみ。

サイズや機能などに違いはありませんでした。

どちらも、

  • プラズマクラスター25000搭載
  • パワフルな加湿
  • 3つの高性能フィルター

など多くの魅力的な特長がある商品です。

10年間交換不要のフィルターや、抗菌防カビ加湿フィルターなど経済的にも衛生面でも安心して使用できるのが嬉しいですね。

できるだけ価格を抑えたい方は、旧モデルのKI-RS50がオススメ!

カラーはホワイトとグレーの2色から選べるので、好きな色を選ぶ楽しみもありますね!

購入を検討している方の参考にしていただけたら幸いです。

\ 2023年年製!新商品のKI-SS50 /

\ 2022年製!機能はおなじKI-RS50 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次