\ 最大8%ポイントアップ! /

FU-S50とFU-SK50の6つの違いを比較!どっちがおすすめ?シャープ2023年モデル

当ページのリンクには広告が含まれているものがあります。

FU-S50とFU-SK50の違いを比較して、わかりやすくまとめました。

どちらも今年に発売されたばかりの空気清浄機です。

  • FU-S50 :2023年9月発売
  • FU-SK50:2023年4月発売

おなじ14畳タイプの2023年製シャープ製空気清浄機になりますが、

なにが違う?
どちらを購入したらいい?

こういった疑問を解消していきます。

それぞれどのような人におすすめかもご紹介していきますね。

FU-S50とFU-SK50の違いは以下の通りです。

  • 蚊取り機能の有無
  • サイズと重さ
  • モードの種類
  • 運転音の大きさ
  • カラー
  • 価格

本文にて詳しくご紹介していきますね。

どちらがおすすめか、すぐにチェックしたい方はこちらからジャンプできます。

\ さわやかなホワイトカラー!FU-S50 /

\ 落ち着いたブラックカラー!FU-SK50 /

目次

FU-S50とFU-SK50の違いを比較!

FU-S50とFU-SK50の違いを比較すると以下の6つがありました。

  • 蚊取り機能の有無
  • サイズと重さ
  • モードの種類
  • 運転音の大きさ
  • カラー
  • 価格

ひとつずつ詳しくご紹介していきますね。

違い① 蚊取り機能の有無

FU-SK50には、蚊やコバエを捕獲する蚊取り機能が付いています。

蚊の習性と空気清浄機の特長を活かして捕まえるので、薬剤は使わないのが特徴!

薬剤を使わずに蚊を捕まえるので、お子さんやペットのいる家庭でも安心して使用することができます。

FU-S50にはこの機能はありません。

違い② サイズと重さ

FU-S50とFU-SK50のサイズと重量に違いがあります。

FU-S50FU-SK50
本体サイズ幅38.3㎝×奥行20.9㎝×高さ54㎝幅39.1㎝×奥行28.1㎝×高さ54㎝
重量約4.9kg約5.9kg

FU-S50よりFU-SK50の方がサイズ、重量ともに大きめになります。

違い③ モードの種類

FU-S50FU-SK50
モードの種類強・中・静音強・中・おやすみモード

強・中の2つのモードについては、FU-S50とFU-SK50を比較すると、風量、消費電力、1時間あたりの電気代に大きな差はありません。

FU-S50の静音とFU-SK50のお休みモードの電気代の差は、

  • FU-S50静音モード   :1時間あたりの電気代約0.08(円)
  • FU-SK50おやすみモード:1時間あたりの電気代は約0.06~0.10(円)

とわずかな差がありますが、ほとんど変わりません。

おやすみモードは、前面のモニターを消灯し、UVランプのまぶしさを抑えて運転することができ、蚊を捕獲しながら静かに眠ることができるという特長があります。

違い④ 運転音の大きさ

FU-S50FU-SK50
強モード52db51db
中モード40db39db
FU-S50:静音モード
FU-SK50:おやすみモード
21db18~24db

ほぼ変わりませんが、FUーSKの方が少し小さく、おやすみモードは幅がありますが、18dbが最も小さい音で使用することができます。

違い⑤ 本体カラー

FU-S50とFU-SK50の本体カラーが大きく違います。

  • FU-S50:ホワイトのみ
  • FU-SK50:ブラックのみ

どちらも落ちついた上品な色なので、インテリアとして部屋になじみやすいです。

迷っているかたは、お部屋のインテリアに合わせて購入しても〇!

年齢や性別を問わず贈り物にも喜ばれそうですね。

違い⑥ 価格

FU-S50の方が3,000円ほど高く販売されています。

  • FU-S50:41,000円前後
  • FU-SK50:39,000円前後

14畳の空気清浄機を少しでも安く!と考えているかたは、FU-SK50のほうがお得に購入できます♪

\ さわやかなホワイトカラー!FU-S50 /

\ 落ち着いたブラックカラー!FU-SK50 /

FU-S50とFU-SK50の共通の機能は?

FU-S50とFU-SK50の共通の機能は以下の通りです。

  • プラズマクラスター7000を搭載
  • スピード循環気流で素早い空気浄化
  • 3つの高性能フィルター

ひとつずつ詳しくご紹介していきますね。

共通点① プラズマクラスター7000を搭載

FU-S50、FU-SK50ともに、シャープ独自の空気浄化技術であるプラズマクラスター7000が搭載されています。

プラズマクラスターは、プラスとマイナスの両方の静電気を除去することが可能。

花粉や微小な粒子の壁への付着を抑制することができます。

プラズマクラスター7000の効果には、

  • 浮遊カビを除菌
  • 浮遊ウイルスの作用を抑える
  • 浮遊菌の作用を抑える
  • ダニのフふん・死がいの作用を抑える
  • アレル物質(花粉)を抑える
  • タバコの付着臭を分解・除去
  • 衣類に付着した汗臭をスポット消臭
  • 部屋干し衣類の生乾き臭をスポット消臭
  • 静電気を抑える

などたくさんの効果があります。

共通点② スピード循環気流で素早い空気浄化

部屋全体に風の流れが素早く行き渡り、遠くのホコリも引き寄せるというスピード循環気流を搭載

素早く部屋にの空気をきれいにします。

共通点③ 3つの高性能フィルター

FU-S50とFU-SK50ともに、

  • 静電HEPAフィルター
  • 脱臭フィルター
  • 抗菌・防カビプレフィルター

3つの高性能フィルターがニオイや汚れ、微小な粒子まで逃さずキャッチします。

静電HEPAフィルター

10,000個の微小な粒子を吸い込んで3個しか通さないのが特徴!

さらに、フィルター繊維にしっかりと吸着するので目詰まりしにくいという特徴も。

脱臭フィルター

タバコ集やペット臭、さらに料理臭や汗臭も脱臭してくれます♪

静電HEPAフィルターと脱臭フィルターの交換目安は10年です。

花粉より小さいPM2.5にも対応しているので安心!

\ さわやかなホワイトカラー!FU-S50 /

\ 落ち着いたブラックカラー!FU-SK50 /

FU-S50とFU-SK50どっちがおすすめ?

FU-S50とFU-SK50の6つの違いを含めて、どちらがどんなかたにおすすめかまとめていきますね ^ ^

FU-S50がおすすめの人は?

  • 少しでもコンパクトな空気清浄機が欲しい
  • ホワイトカラーがいい

重量が5㎏以下なので、家の中で自分の好きな場所に移動させて使うことが多い人におすすめです。

また、おうちのインテリアがナチュラルテイストな方はホワイトカラーの本体のFU-S50がおすすめ♪

\ コンパクト軽量!FU-S50 /

FU-SK50がおすすめの人は?

  • 蚊取り機能を重視
  • 眠る時に明るさを抑えてつかいたい
  • すこしでもお得に購入したい

空気清浄機だけでなく蚊取り機能があるのがFU-SK50の一番の特徴!

蚊取り機能を使用したい人にFU-SK50はおすすめです。

おやすみモードがあるので、眠る時にパネル表示の明るさを抑えて使用したい人もFU-SK50がいいですよ。

FU-S50よりすこし安いので、購入価格を抑えたい場合はFU-SK50をおすすめ♪

\ 少しでもお得に2023年製!FU-SK50 /

FU-S50とFU-SK50の違いを比較!まとめ

FU-S50とFU-SK50の違いを比較したところ、以下の6つがありました。

その中でも大きな違いは2つ。

蚊取り機能があるかないか、本体カラーが白か黒かというところです。

私は薬剤を使わない蚊取り機能があるFU-SK50 を購入してみたいと思いました。

空気がきれいになるだけでなく、さらに蚊取り機能があると1年中使えるのでお得感〇!

カラーはそれぞれ一色ずつなので、インテリアを重視してどちらを購入するか決めても良さそうですね♪

どちらもプラズマクラスター7000や高性能フィルターが搭載されているので、安心して使用できること間違いなしです。

購入を検討されている方の参考にしていただけたら嬉しいです。

\ さわやかなホワイトカラー!FU-S50 /

\ 落ち着いたブラックカラー!FU-SK50 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次