\ 最大10%ポイントアップ! /

KI-SX100とKI-RX100の1つの違いを比較!おすすめはどっち?最安値は?

当ページのリンクには広告が含まれているものがあります。

KI-SX100とKI-RX100の違いを比較して、わかりやすくまとめました。

KI-RX100は、KI-SX100の旧モデルになります。

  • KI-SX100:2023年9月
  • KI-RX100:2022年9月

に発売。

発売年が違いますが、性能・機能には違いはありません!

違いは価格帯のみです

どちらがどのような人におすすめなのかもご紹介していきますね。

KI-SX100とKI-RX100の最安値をすぐにチェックしたい方はこちら!

\ 2023年新モデルKI-SX100 /

\ 2022年旧モデルKI-RX100 /

目次

KI-SX100とKI-RX100の違いは1つ!

引用:シャープ公式サイト

KI-SX100とKI-RX100は、発売年が違うだけです。

そのため、旧モデルのKI-RX100のほうが、価格がグッと安くなっています♪

2023年9月執筆時の価格は、楽天市場の最安値で

  • KI-SX100は140,000円台
  • KI-RX100は70,000円台

最新モデルのKI-RX100が約7万円高くなっています。

半額くらいの差が!


KI-SX100とKI-RX100は、サイズやデザイン、性能に違いはないため、おすすめはお手頃価格の2022年発売のKI-RX100!

それぞれの最安値もあわせてご紹介していきますね。

\ 2023年新モデルKI-SX100 /

\ 2022年旧モデルKI-RX100 /

KI-SX100とKI-RX100の共通の機能は?

引用:シャープ公式サイト

KI-SX100とKI-RX100の共通の機能は以下の通りです。

  • 最高峰空気浄化力のプラズマクラスターNEXTを搭載
  • スピード循環気流と背面ワイド吸引
  • 気流の「おまかせ運転」と飛沫粒子モード搭載
  • シャープ製のエアコンと連携し「空気清浄運動」
  • 3つの高性能フィルター
  • 1,000mL/hの大容量加湿
  • プレフィルター自動掃除など簡単お手入れ
  • 使い捨て加湿プレフィルター
  • COCORO AIR搭載

ひとつずつ詳しくご紹介していきますね。

特徴① 最高峰空気浄化力のプラズマクラスターNEXTを搭載

引用:シャープ公式サイト

KI-SX100のイオンは、自然界をはるかに上回る1㎤あたり50,000個以上の高濃度イオンを放出。

そのため、プラスイオンとマイナスイオンが森林より多い、清潔な空気環境をつくることができます。

引用:シャープ公式サイト


プラズマクラスター25000というイオン濃度が25,000個/㎤と製品と比較すると、

プラズマクラスターNEXTは、

  • ニオイの元となる付着ニオイの原因菌を除菌
  • 付着したペットの皮膚特有の菌の作用を抑える
  • 付着した排せつ物臭を消臭

などのより多くの効果が得られます。

特徴② スピード循環気流と背面ワイド吸引

引用:シャープ公式サイト

3方向気流制御ルーバーにより、

  • イオンを効率よく届ける
  • 遠くのホコリも引き寄せる
  • 背面全体の大きな吸い込み口でパワフルに吸引する

といったことができます。

特徴③ 気流の「おまかせ運転」と飛沫粒子モード搭載

引用:シャープ公式サイト

KI-SX100には、センサーで検知した空気の汚れに合わせて、自動で気流を切り換えることで効率的に浄化することができる「おまかせ運転」や

引用:シャープ公式サイト


効率よくウイルス飛沫粒子を捕集することできる「飛沫粒子モード」を搭載。

ウイルス飛沫粒子がよどみやすい天井面を直接狙い、循環気流に乗せて吸じんする飛沫粒子気流でしっかりウィルスを捕集してくれます ^ ^

特徴④ シャープ製のエアコンと連携し「空気清浄運動」

引用:シャープ公式サイト

シャープ製のエアコンと連携することで、

  • エアコンの風向
  • 風量
  • 空気清浄機の設置位置

に応じて自動で調節することができます。


部屋の空気を効率よく循環することで、ウイルス飛沫粒子を効果的に捕集します。

\ 2023年新モデルKI-SX100 /

\ 2022年旧モデルKI-RX100 /

特徴⑤ 3つの高性能フィルター

  • 静電HEPAフィルター
  • ガスもと~る脱臭フィルター
  • 抗菌・防カビホコリブロックプレフィルター

という3つの高性能フィルターを搭載しています。

引用:シャープ公式サイト


静電HEPAフィルターは、10,000個の微小な粒子を吸い込み3個しか通さない上に、10年間交換不要です。

引用:シャープ公式サイト

ガスもと~る脱臭フィルターは、ニオイの元となる悪臭成分を分解・脱臭し、有害ガスも低減することができます。

交換の目安はこちらも10年です。

引用:シャープ公式サイト


抗菌・防カビホコリブロックプレフィルターは、目の細かいフィルターで、内部に侵入するホコリを大幅に低減し、集じん性能の低下を抑えてくれます。

交換は不要です。

特徴⑥ 1,000mL/hの大容量加湿

引用:シャープ公式サイト

集めた風を2枚の加湿フィルターで加湿する二層構造の加湿フィルターを搭載

風を2回通すことで、より多くの水を気化して放出し、1,000mL/hの大容量加湿を実現しました。


加湿集中ガイドで、風路を切り換えることで加湿フィルターに風を集め気化効率を高めることができます。

特徴⑦ プレフィルター自動掃除など簡単お手入れ

引用:シャープ公式サイト

定期的に自動でプレフィルターを掃除するプレフィルター自動掃除機能があります。


プレフィルターが目詰まりしにくいので集じん性能が持続するので、手間いらず!


ダストボックスのお手入れ時期を音声でお知らせする機能や、ダストボックスや掃除ブラシは抗菌仕様で、水洗いができます。


お手入れが簡単で清潔を保ちやすくなっていますよ!

特徴⑧ 使い捨て加湿プレフィルター

使い捨て加湿プレフィルターは、汚れたらはがして捨てるだけです。
交換の目安は1ヶ月に1回で、加湿プレフィルターによりニオイの原因となる汚れが、加湿フィルターに直接付着するのを軽減します。

特徴⑨ COCORO AIR搭載

スマートフォンと空気清浄機を無線LAN接続をすると、クラウドのAIにつながり

  • 運転状況
  • 空気情報を蓄積・分析

します。


「おやすみ運転」のセットや風量の調整などを自動で行ってくれるうえ、空気の状態や使い方のコツなども音声でお知らせしてくれます!


無線LANアクセスポイント機器(別売)、専用のスマートフォンアプリ(無料)が必要になります ^ ^

\ 2023年新モデルKI-SX100 /

\ 2022年旧モデルKI-RX100 /

KI-SX100とKI-RX100どっちがおすすめ?

引用:シャープ公式サイト

KI-SX100がおすすめの人は?

  • 最新モデルを購入したいと考えている人

性能などはKI-RX100と変更点がないのですが、購入するなら最新のモデルが良いと考えている方にはKI-SX100がおすすめです。

\ 2023年新モデルKI-SX100 /

KI-RX100がおすすめの人は?

  • 少しでも購入価格を抑えることを優先している人
  • 旧モデルでも気にならない人

KI-SX100より約7万円安く購入することができるので、

  • 旧モデルが気にならない人
  • 購入費用を少しでも抑えたい人

には、KI-RX100がおすすめです。

\ 2022年旧モデルKI-RX100 /

KI-SX100とKI-RX100の最安値は?

KI-SX100とKI-RX100の最安値をご紹介していきます。

価格は随時更新しておりますので、気になる方はチェックしてみてくださいね♪

KI-SX100の最安値

2023年に発売されたKI-SX100の最安値はこちら。

 

Yahoo!ショッピングのKI-SX100の最安値はこちら

\ 2023年新モデルKI-SX100 /

KI-RX100の最安値

2022年発売のKI-RX100の最安値はこちら。

楽天市場のKI-RX100の最安値はこちら

 

Yahoo!ショッピングのKI-RX100の最安値はこちら

\ 2022年旧モデルKI-RX100 /

KI-SX100とKI-RX100の違いを比較!まとめ

引用:シャープ公式サイト

KI-SX100とKI-RX100は、サイズや性能に違いがなく、違うのは価格帯のみになります。

そのため、2023年現在おなじスペックでお手頃価格のKI-RX100を購入することをオススメします♪

プラズマクラスターNEXTという最高峰の空気浄化力や、大容量加湿、3つの高性能フィルターなど魅力的な特長がたくさんのシャープKIシリーズ。


森林に行って新鮮な空気を吸い込むとリフレッシュできますが、森林より多いプラスイオン、マイナスイオンで清潔な空気の部屋で過ごせたら、気持ち良い毎日が過ごせそうですね。

\ 2023年新モデルKI-SX100 /

\ 2022年旧モデルKI-RX100 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次