\ 最大8%ポイントアップ! /

カシオピアノpriviaPX-S1100とPX-S3100の違いを比較!どっちがオススメ?!

当ページのリンクには広告が含まれているものがあります。

カシオ電子ピアノPX-S1100とPX-S3100の違いを比較して、徹底解説します。

どちらもハンマーアクション付き88鍵盤搭載のデジタルピアノとしてスリムなうえ、デザイン性の高い電子ピアノです。

PX-S1100とPX-S3100の違いを比較したところ、おおきな違いは以下の5つでした。

  1. 音色
  2. エフェクトなどの機能
  3. カラー展開
  4. ディスプレイ操作
  5. 価格

PX-S1100もPX-S3100どちらも、カシオ独自のマルチ・ディメンショナル・モーフィングAiR音源が搭載。

優しく繊細な演奏から、ダイナミックで力強い演奏まで、あなたの感性のまま自由に弾くことができます。

どう違うの?

どっちを買ったらいい?!

とお悩みのかたはぜひ本文をご覧ください ^ ^

初心者のかたにおすすめのPX-S1100

>>>PX-S1100の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

 

\ プロのかたにも愛されているPX-S3100 /

>>>PX-S3100の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

目次

カシオPX-S1100とPX-S3100の違いを比較

引用:カシオ公式ホームページより

カシオPX-S1100とPX-S3100の違いは以下の5つです。

  • 音色
  • エフェクトなどの機能
  • カラー展開
  • ディスプレイ操作
  • 価格

それぞれの違いについて詳しくご紹介しますね ^ ^

違い① 音色

引用:カシオ公式ホームページより

音色数、リズム数ともにPX-S3100のほうが多く搭載されています。

PX-S1100PX-S3100
音色数18種類700種類
リズム・パターン数なし200種類

PX-S1100でも、ピアノやオルガンなど必要な音色は搭載させているので演奏は問題なくできます ^ ^

PX-S3100は、音色数だけでなくリズムパターンも数多く内臓されているので、より本格的に音楽を楽しむことができる仕様になっています。

 

違い② エフェクトなどの機能

PX-S3100は、演奏表現を広げてくれる多彩なエフェクトなどの機能が搭載されていますが、PX-S1100はついていないものがあります。 

 

おもなエフェクトなど一覧

スクロールできます
PX-S1100PX-S3100
ホールシミュレーター4種類4種類
リバーブ8種類
サラウンド2種類2種類
コーラス4種類12種類
ブリリアンス
DSP一部の音色に組込み済〇+プリセット100種類
ピッチベンドホイール

PX-S3100は、プロのかたも愛用されているほど本格的な電子ピアノになります。

なかなか使いきれない機能があるかもしれませんね!

 

違い③ カラー展開

PX-S1100は3色展開PX-S3100はブラックのみとなります。

PX-S1100は

  • ブラック
  • ホワイト
  • レッド

あなたのお部屋のインテリアに合わせて選ぶことができます♪

レッドやホワイトは、インテリアの良いアクセントになりますね♪

違い④ PX-S3100はディスプレイ操作可能

PX-S3100 引用:カシオ公式ホームページより
PX-S1100 引用:カシオ公式ホームページより

PX-S3100のみ、液晶ディスプレイ搭載

設定変更などをタッチ操作でおこなえます。

よけいなボタンがなく、操作も見ためもシンプル♪

光沢感のある天面パネルで高級感がありますね!

 

違い⑤ 価格

PX-S1100のほうがPX-S3100より約1万円ほど安く販売されています。(2023.1月参考)

  • PX-S1100:約55,000円~
  • PX-S3100:約65,000円~

1万円の差ですが、音質・機能ともにPX-S3100がかなり上回っています ^ ^

個人的には、長い目でみたときに高機能な後継機種のPX-S3100を選ばれるのがいいかなとおもいます♪

  

\ すこしでもお安く!のかたはこちらのPX-S1100 /

>>>PX-S1100の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

\ より本格的に!高機能電子ピアノPX-S3100 /

>>>PX-S3100の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

カシオPX-S1100とPX-S3100の共通点

引用:カシオ公式ホームページより

つづいてカシオPX-S1100とPX-S3100の共通点もあるのでご紹介します ^ ^

共通点はおもに3つです

  • 鍵盤
  • 音源
  • サイズ

ひとつずつご紹介していきますね ^ ^

共通点① 鍵盤

鍵盤はともに

  • 88鍵盤
  • スマートスケーリングハンマーアクション鍵盤

となります。

引用:カシオ公式ホームページより

スマートスケーリングハンマーアクションとは

グランドピアノのようなハンマーの自重によるアクション機構を小型化。

それによりグランドピアノを感じさせる自然なタッチ感を実現。

 

生ピアノとおなじ感触で練習できるのはウレシイですね♪

共通点② 音源

PX-S1100とPX-S3100の音源は

カシオ独自のマルチ・ディメンショナル・モーフィングAiR音源になります。

  • グランドピアノならではの響きを徹底的に追求
  • 88鍵盤すべて1鍵盤ごとに各弦の繊細なひびきを調整

優しく繊細な音からダイナミックで力強い音まで、感性のまま自由に弾くことが可能に!

カシオだからこそ奏でられる音ですね♪

共通点③ ワイヤレス機能

PX-S1100、3100ともに

ワイヤレスのMIDI&オーディオアダプターが付属でついています。

Bluetoothオーディオ機能

スマホやタブレット内の曲をPX-S1100、3100のこだわりの音響システムで聴くことができます。

お気に入りの曲とのセッションも♪

本体をワイヤレスでコントロール

無料アプリ「Chordana Play for Piano」をインストールしたスマホやタブレットが、ワイヤレスリモコンに!

音色選択や設定変更がかんたんに行えます。

弾いて楽しむだけではない機能がたくさんありますね♪

共通点④ サイズ

PX-1100とPX-S3100どちらも、

幅1,322 × 奥行232×高さ102mm (※本体のみ) 

どんな空間にもフィットするスリムな本体です!

重量は

  • PX-S1100:11.2㎏
  • PX-S3100:11.4㎏

と変わりありません。

インテリアとしてもデザイン性が高いので〇

 

\ 置いておくだけでインテリアになる♪ /

>>>PX-S1100の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

\ スリム&シンプルなデザインも人気の秘密♪ /

>>>PX-S3100の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

カシオPX-S1100とPX-S3100 どっちがおすすめ?

引用:カシオ公式ホームページより

カシオPX-S1100とPX-S3100の違いを踏まえて、どちらがどんなかたにおすすめか整理しますね ^ ^

カシオPX-S1100がオススメのひと

引用:カシオ公式ホームページより
  • 趣味でピアノをはじめたい
  • コンパクトな88鍵盤が欲しい
  • 音・機能に妥協したくないが少しでも安価に購入したい

\ 初心者のかたにはコレ! /

>>>PX-S1100の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

カシオPX-S3100がオススメのひと

引用:カシオ公式ホームページより
  • 音にこだわりたい
  • より多くの音色で楽しみたい
  • 本格的なエフェクター機能をつかいたい
  • 楽曲制作している、これからしてみたい

 

\ プロのかたも愛用されているPX-S3100 /

>>>PX-S3100の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

カシオPX-S1100とPX-S3100の違い まとめ

以上、カシオ電子ピアノPX-S1100とPX-S3100の違いを5つお伝えしました^ ^

違いは以下の5つ。

  1. 音色
  2. エフェクトなどの機能
  3. カラー展開
  4. ディスプレイ操作
  5. 価格

どちらもハンマーアクション付き88鍵盤搭載のデジタルピアノとしてスリムなうえ、デザイン性の高い電子ピアノです。

PX-S1100もPX-S3100どちらも、

  • カシオ独自のマルチ・ディメンショナル・モーフィングAiR音源
  • ワイヤレスのBluetoothやオーディオ機能

が搭載。

大きく違うのは、エフェクト機能カラー展開

  • 初心者としてはじめたい・レッドやホワイトカラーが好みかたはPX-S1100
  • 音にこだわり、楽曲制作もしたいかたはPX-S3100

の2点に着目するときめやすいかもしれません ^ ^

初心者のかたにピッタリの高機能電子ピアノPX-S1100

>>>PX-S1100の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

プロのかたにも愛されているPX-S3100

>>>PX-S3100の口コミや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次