\ 最大10%ポイントアップ! /

エーグル(AIGLE)とハンターレインブーツ違いを比較!どっちがおすすめ?

当ページのリンクには広告が含まれているものがあります。

雨の日の外出に欠かせない、レインブーツ。

その中でも人気のエーグルとハンター、どっちがいいのか迷いますよね。

この記事では、エーグルとハンターのレインブーツの違いをご紹介していきます。


項目エーグルハンター比較
価格15,000円前後26,000円前後エーグルの方が1万円以上安い
カラーバリエーション4種類5種類ハンターの方がカラフル
バリエーション豊富
やわらかさ・重さ柔らかめ
軽い
やや硬め
若干重い
エーグルの方が履き心地が軽快
脱ぎ履き筒幅が広く柔らかい。
脱ぎ履きしやすい
筒幅が細い。
やや脱ぎにくい
エーグルの方が脱ぎ履きしやすい
お手入れ方法汚れや泥を水で落とし自然乾燥。
白い粉は湿らせたスポンジで拭き、乾拭き。
エーグルとおなじいずれも簡単なお手入れで長く使える



いくつか違いがありますが、エーグルとハンターのレインブーツの大きな違いは以下の2つになります。

  • エーグルは柔らかくて軽く、街歩きや庭仕事向き。
  • ハンターはゴツくてしっかり、アウトドアにもOK。

本文でより詳しくご紹介していきますので、気になる方はチェックしてみてくださいね。


>>エーグルの最新アイテムを楽天市場でチェック

>>ハンターの最新アイテムを楽天市場でチェック
目次

エーグル(AIGLE)とハンターレインブーツ違いを比較!

エーグルとハンターのレインブーツをそれぞれ、一番シンプルで人気のレディースひざ下丈ロングブーツで比較していきます。


エーグル《エリオサラバーブーツ》

画像引用:楽天市場


ハンター《オリジナルトール》

画像引用:楽天市場
項目エーグルハンター比較
価格15,000円前後26,000円前後エーグルの方が1万円以上安い
カラーバリエーション4種類5種類ハンターの方がカラフル
バリエーション豊富
やわらかさ・重さ柔らかめ
軽い
やや硬め
若干重い
エーグルの方が履き心地が軽快
脱ぎ履き筒幅が広く柔らかく
脱ぎ履きしやすい
筒幅が細く
やや脱ぎにくい
エーグルの方が脱ぎ履きしやすい
お手入れ方法汚れや泥を水で落とし自然乾燥。
白い粉は湿らせたスポンジで拭き、乾拭き。
エーグルとおなじいずれも簡単なお手入れで長く使える

違い① 価格はハンターのほうが高め

両ブランドとも数種類のモデルを出していて、もちろん各々値段も違います。

エーグルは、

  • ショートブーツは14,300円〜16,500円
  • ロングブーツは30,000円前後

のものも。

ハンターは、

  • ショートブーツは16,500円〜25,000円前後
  • ロングブーツは30,000円

超えるものも。

商品のラインナップや値段の幅は、よく似ていますね。

違い② ハンターの方がカラフルでカラバリ豊富

エーグル(エリオサラバーブーツ)のラインナップです。

  • ナチュラルホワイト(セーブル)
  • ブラック(ノワール)
  • ブラウン(カカオ)
  • ネイビー(マリン)

公式HPでは、カッコ内の表記でカラーが表されています。

なんともフランスらしい、おしゃれな呼び方ですね♪

一方、ハンター(オリジナルトール)のラインナップはこちら。

  • ブラック
  • ミリタリーレッド
  • ネイビー
  • オリーブリーフ
  • イエロー

レッドやイエローなどは、とても鮮やかな色です。

オリーブリーフはいわゆるカーキ色ですので、ブラックに比べ足元をカジュアルに魅せてくれます!

そして色とは別に、ブーツの表面の仕上がりも多少違います。

エーグルは艶やか、ハンターはマットです。

例えば同じブラックでもだいぶ印象が違うので、ご自身のファッションなどと合わせるのに、大きなポイントとなりそうです!

違い③ エーグルの方が柔かくて軽いという口コミが多い!

エーグルは天然ラバー素材で、片足約600g(日本サイズ目安22.5cmで計測)、両足で1.2㎏ほどです。

一方、ハンターは、ごつくて硬めです。

FSC®認定の天然ゴム素材で耐久性がありしっかりしています。

靴底やつま先もごつい作りなので、見た目からも重量感は感じますね。

両足約1.78㎏(日本サイズ目安23cmで計測)なので、エーグルより若干重いでしょうか。

しかし実際履いていると、そんなに重いと感じることはないようですよ。

違い④ 脱ぎ履きは、筒の幅が広いエーグルの方がしやすい

エーグルのほうが、やわらかいため脱ぎ履きもしやすくなっています。

ハンターは、筒幅がやや細く足首部分がしっかりフィットしています。

そのため、手を使わなくしてはなかなか足が抜けないことも!

脱ぎ履きしやすくするために、わざと大きめのサイズを購入して足首からふくらはぎあたりに余裕をもたせる、という声もありました。

エーグル(AIGLE)とハンターレインブーツの共通点

お手入れ方法は、エーグル、ハンターともに大きな違いはありません。

使用後は汚れや泥をきれいな水で落とし、自然乾燥させます。

保管も、直射日光やヒーターの側などは避け、風通しの良い湿気の少ない場所に置きましょう。

表面に白い粉が出ることがありますが、これは以下によるものと各ブランドから説明がされています。

  • エーグル=紫外線の影響を防ぐワックス
  • ハンター=天然ゴム由来の不溶性粒子が浮き出す現象

これは通常使用でも起きてくることですので、湿ったスポンジで拭き、さらに乾いた布で乾拭きし、しっかり保管しておきましょう。

より丁寧にケアしたい場合は、専用のケアスプレーも販売されていますよ。


▼エーグル・ハンターどちらにも使える!

エーグル(AIGLE)とハンターレインブーツどっちがおすすめ?

エーグルとハンターの違いを踏まえて、それぞれおすすめな方をご紹介していきます。

エーグル(AIGLE)がおすすめの人は?

  • キレイめな通勤服などに合わせたい方
  • 柔らかい履き心地が好みの方
  • 長時間歩いたり、ガーデニングなどの作業で足の屈伸をすることが多い方

エーグルは、印象としてはキレイめです。

なので、通勤服に合わせることが多い方に良さそうです。

実は、筒幅が少し広いせいでハンターよりスタイリッシュには見えない、という声もあるんです。

しかし細めパンツの裾をインして履けるので、その点ではパンツスタイルの方には向いてそうです♪

また雨の日の他に、ガーデニングの時にも動きやすいという声が多かったです!

外で長時間歩いたり、しゃがんだり立ったりする動作が多い方には、柔らかいというのが大きなメリットですね。



>>エーグルの最新アイテムを楽天市場でチェック



ハンター(HUNTER)がおすすめの人は?

  • カジュアル、しっかりしたファッションが好みの方
  • アウトドアアクティビティが好きな方
  • カラフルなレインブーツが欲しい方

ハンターは見た目が少しゴツいので、カジュアルな服装向きです。

しかしキレイめの服に、あえて外しファッションとして履くというのもオシャレです♪

また、キャンプや釣りなど、アウトドアアクティビティにもおすすめ。

足にしっかりフィットするので、ずれたりすることもなく動きやすいです。

また靴底の高いグリップ力で、雨や雪で滑りやすい地面でも安心とのことです。

>>ハンターの最新アイテムを楽天市場でチェック



エーグル(AIGLE)とハンター(HUNTER)の違いを比較 まとめ

エーグルとハンターの違いについてご紹介しました。

エーグルとハンターのレインブーツの大きな違いは以下の2つです。

  • エーグルは柔らかくて軽く、街歩きや庭仕事向き。
  • ハンターはゴツくてしっかり、アウトドアにもOK。


どちらも機能性が高くでおしゃれ、値段は多少高くても長く愛用できるアイテムというのは、間違いないですね♪

エーグルはフランスのブランドらしく、質感や見た目からもその柔らかさや上品さというのを大きく受けました。

一方ハンターは、見た目はとてもしっかりした感じです。

レインブーツって雨の日に仕方ないから履く、みたいな考えかたのかたいらっしゃると思います。

わたしもついケチって安いレインブーツを買ってました。

でもこんなスタイリッシュなものでしたら、ぜひ毎日でも履きたいですよね♪

みなさんにとっても少しでも憂鬱な雨の日が楽しいものになりますよう、今回のレポートを参考にしてみてくださいね!


>>エーグルの最新アイテムを楽天市場でチェック

>>ハンターの最新アイテムを楽天市場でチェック
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次